遺言作成で相続の安心

焼香する男性

 事情があって正式に籍を入れず、内縁関係のままで暮らしている夫婦がたまにいます。最近は、様々な局面で、内縁関係の夫婦を法律婚の夫婦同様に取り扱うようになってきていますので、夫婦双方が元気で暮らしているうちは、それほど不都合を感じずに済むようになっています。でも、相続の局面では法律の規定が厳密に適用されることになっていますので、内縁関係の夫婦には相続権が発生しません。何もしないでおくと、1円も残してやることができなくなってしまいますので、遺言作成を考える人が多いです。本人が自分一人で自筆証書遺言を作っておくという方法もありますが、法定遺留分の問題もありますので、司法書士などが提供している遺言作成サポートサービスを利用して遺言作成を行うようにした方が安心できます。

 内縁関係の夫婦が、夫名義になっている家に住んでいる場合、夫が亡くなると、妻がその家に住み続けることができなくなってしまう可能性があります。そのような事態を回避したいのであれば、専門家の遺言作成サポートを受けて、適切な遺言書を作成しておくのが一番です。素人判断で自筆証書遺言を作っておくと、内縁の妻が窮地に追い詰められてしまうおそれがあります。たとえば夫の両親が既に死亡していても、夫の兄弟は生きているというケースがよくあります。兄弟には法定遺留分がありませんので、自筆証書遺言を残しておけば全財産を内縁の妻に残してやることができると考える人がほとんどです。しかし、夫の兄弟が遺言書の真偽を裁判で争ったり、家裁の検認手続きに協力しなかったりするケースがとても多いので、司法書士などに手伝ってもらって、公正証書で遺言作成しておく必要があります。